マイガール

最近再放送で見ました。4話〜7話はカットが多かったのですが、話は把握してるので勘弁して下さい(笑)
実は2010年の新春クソドラマを除けば相葉さんの演技はこれが初見です。彼にとってもこれが初主演連続ドラマということでしたが、やはり演技は「上手いか下手か」で言ったら確実に下手です。しかし「まっすぐに下手」な感じが凄く好感を持てました。下手なくせに妙なアレンジ加えちゃう俳優も少なくない中、相葉ちゃんにはそれが無く、本人の素直な部分が前面に出てたと思います。なので彼の演技を「好きか嫌いか」と言われたら確実に好きな部類なのでありました。

ストーリーの始めは正宗とコハルの出会い。正宗の異常な不器用っぷりに多少もどかしさを感じながらも、涙ナシには見られません。陽子を通して正宗とコハルの心がかよっていく様には心が温まります。主題歌「マイガール」の歌詞とシンクロして、2話の夜に正宗とコハルが語り合う場面はこの作品の象徴となるような素敵なシーンになっていました。

4話〜7話はちょいちょい脇役にスポットが移ります。友哉先生(村上信五)が別れた妻との子供に思いを馳せてぼんやりしてる中、コハルが階段から転落してしまう。そしてそれを聞きつけた正宗の第一声が「あなたが付いていながら!」…これ言うか、普通?(笑)
その後も正宗の上司の家族内のゴタゴタに正宗とコハルが巻き込まれたりと、「よそでやってくれないか」的なエピソードが目立つ中盤でした。

そして終盤は正宗とコハルの将来の話へと変わっていきます。
サブタイトルからして盛大なネタバレでしたが(笑) 正宗はコハルと一時的に別れてカメラマンという夢を追う決意をする。こんなシチュエーションをドラマ版『きみはペット』で見ましたが、やっぱり夢はちゃんと追って叶えてくるべきだよね…。原作ではちゃんとモモも留学してスミレもフリーライターになるのに、なぜドラマ版はスミレのために留学をやめてしまうストーリーにしてしまったのか…おっと、つい脱線してしまった。
最終回では正宗とコハルの再会も描かれハッピーエンド。よかったよかった。

若干の中だるみはあったものの、ハートフルで温かい、いいドラマでした。何より相葉ちゃんの一生懸命さにとても癒された。彼のそういう真っ直ぐさが人に元気を与えるし、やっぱり相葉ちゃんってスーパーアイドルなんだなぁと実感!

【JUGEMテーマ:相葉雅紀

本放送時、「友哉先生の微妙にイラっとくる演技」が周囲で好評を博してました
0


    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    links

    search this site.

    counter

      ブログパーツUL5

    others

    mobile

    qrcode